【AED(自動体外式除細動器)を備えています】

 AED(Automated External Defibrillator)とは、
電気ショックが必要な心臓の状態(VF,VT)を自動的に判断し、体外から心臓に電気ショックを与えるための器械です。

 成人(8歳以上)の突然死の死因の大半が心臓疾患(心臓突然死)で、その殆どが心室細動(VF)という病気です。
 心室細動は、心臓がケイレンを起こしてポンプの役割が果たせなくなった状態で、発症後1分経過するごとに助かるチャンスが約10%づつ失われ、発症から10分後にはほとんどの人が死に到ります。

 この心室細動を正常な状態に戻す唯一の方法が、除細動(心臓への電気ショック)です。
 つまり、早期の除細動によって傷病者の救命率が上がり、また傷病者の社会復帰の鍵にもなります。
 最近では、学校や職場、公共の施設など様々な場所に設置されるようになり、日本でも救命率が著しく上がって来ました。
 日常的にAEDを目にする事も多くなりましたよね。
 AEDは傷病者に除細動が必要かを自動的に判断し、救命の手順を音声で指示します。電極を所定の場所に貼付してAEDの音声案内の通りにすれば、救命を熟知していない一般の方でも、除細動を含めた救命行為が簡単に出来るように作られています。
 日本においても、2004年の7月に厚生労働省が 「緊急事態の時は医師以外の一般市民もAEDの使用を認めてもよい」と都道府県に通達を出しました。
 それ以降、一般の方にもAEDを用いた救急蘇生の講習会を受講できる機会がかなり増えました(運転免許講習や、市民講座など)。

 当院もこのAEDを2005年4月末から備え付けています。

 「もしも」は起こってはならない事ですが、起こる可能性が有る限り、最善の準備は必要です。
 「傷病者が倒れてから3分以内に除細動器を使用できれば、7割以上の人が助かる」と言われています。
 当院のAEDに活躍の場があっては困りますが、当院の周りでそんな事態が起きたときは、活用して頂ければと考えております。